京都市,伏見,交通事故,腰痛,ぎっくり腰,坐骨神経痛,ひざ痛,膝関節症,肩こり,五十肩,外反母趾,頭痛,鍼灸院,整骨院,整体,マッサージ 関連

坐骨神経痛/京都市伏見区 の こがのもり鍼灸整骨院/長岡京市 の 鍼灸 整骨 整体 治療

坐骨神経痛の症状

 坐骨神経痛で、腰からおしり、太ももの後ろからふくらはぎが痛んだり、かかと・くるぶしまで痛んだり、足がしびれたりしませんか。

 また、体を前かがみに曲げたり、せきやくしゃみでひびいたりして、さらに激しく痛むことはありませんか。

坐骨神経痛の原因

  • 椎間板ヘルニアなどの腰骨に障害がある場合。とくに第4腰椎と第5腰椎の間、または第5腰椎と第1仙骨の間におこることが多いです。
    • 子宮・卵巣などの骨盤内臓器の異常。
    • 泌尿器の病気、糖尿病などの代謝性の病気、帯状疱疹など。

椎間板ヘルニアの症状

 首〜肩〜腕〜指にしびれや痛みが走りませんか。腰から足先にかけて、しびれや痛みが走りませんか。手や足の筋力が低下していませんか。

椎間板ヘルニアの治療

  • 脊柱のクッションの役割を担っている椎間板の中心にある髄核が弾力性を失い繊維輪に亀裂が生じ、髄核が飛び出し、神経を圧迫しておこります。
  • 一般的に多いのは、膨張型と言われる髄核が飛び出さず、髄核と繊維輪が一緒に膨れるものです。膨張型は東洋医学<マッサージ・指圧・整骨・鍼灸>の適応症です。

<当院で多い治療・症状・疾患の例>

  • 同じ疾患を治療する場合でも、ハリが嫌いな方・電気ハリが好きな方・灸が好きな方・弱い刺激なら大丈夫な方・電気治療でもよい方・マッサージの好きな方といろいろです。当院は患者さんの希望に合う治療を提案いたします。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

BBS7.COM
MENURNDNEXT