京都市,伏見,交通事故,腰痛,ぎっくり腰,坐骨神経痛,ひざ痛,膝関節症,肩こり,五十肩,外反母趾,頭痛,鍼灸院,整骨院,整体,マッサージ 関連

鍼灸/京都市伏見区 の こがのもり鍼灸整骨院/長岡京市 の 鍼灸 整骨 整体 治療

鍼灸の価値

  • 鍼灸は薬を使わずに、はりと灸の刺激で起こる生体反応(自然治癒力)をうまく利用して治します。症状によっては即効性があり劇的に効きますが、基本的には効果のマイルドな治療法です。
  • そのため、西洋医学のように無理やり症状を抑えることは少し苦手です。その分患者さんに症状を悪化させないような生活の仕方を守っていただくことに重きを置きます。これが養生です。

鍼灸の出番

  • 病院の検査では異常がないのに症状が取れないとき
     西洋医学の検査は命にかかわる病気や、放置すると重大な問題に発展するものを発見するためのものです。天候やストレス、生活上の癖などから起こる体調不良を調べるようにはなっていません。

     でも身体の不調を感じるのは確かにどこかが悪いからで、それをみつけるには東洋医学独自の視点が役に立ちます。心身の細かい異常や変調を探り出し改善していくのは鍼灸治療の最も得意とする分野です。
  • 電気やマッサージをしてもかわらないとき
     慢性の痛みに対する電気かけで楽にならないときは鍼灸治療をお試しください。
     マッサージをしたときは気持ちよいが、すぐに戻ってしまうコリも鍼灸で効果が長持ちします。
  • 症状がたくさんあるとき
     あちらこちらとつらいところが多すぎて病院では全てを診てもらえないとか、訴えの数に応じて薬が増えてしまうのが嫌いなときも鍼灸は便利です。細かい愁訴にも手軽に対応できます。
  • 精神的ストレスや心配事で体調が悪いとき神経質だと取り合ってもらえないとき
     鍼灸治療は心と身体を一緒に診て治していく医療です。身体の治療をしながら心の治療も同時に行っていきます。

     聞きたい事がある人は何でも聞いてください。相談事がある人はどうぞ遠慮なく相談してください。話す、聞く、考える、その全ての作業が心を癒し回復させる大切な治療になります。
  • 薬が飲めない、手術ができないとき
     特異体質、妊娠、授乳、胃弱などでお薬が使えないとか高齢や他の病気(心臓病、糖尿病など)のために手術ができないときなども症状を抑える安全な治療法の一つとして鍼灸はお役に立ちます。
  • 元気で長生きしたいとき
     鍼灸治療の真骨頂は見病治(病気になる前に治してしまう事)です。定期的な治療を続けていると元気で長生きできます。鍼灸治療はそれぞれの年代で役に立っています。

鍼灸の適応

  • 鍼灸が効果を発揮できるものは、病名ではなく病態(病気の症状)で表すと理解しやすいです。
  • たとえば、同じような下肢の痛みとしびれ(坐骨神経痛)でもその原因が腰のヘルニアによるものと、お尻の筋肉の緊張によるもの(梨状筋症候群)とでは効いて来るまでの時間に大きな差が出ます。
  • ヘルニアは神経の腫れが治まる時間が必要なのに対し、梨状筋症候群は硬くなった筋肉をほぐすだけで、締め付けられていた神経が開放されて痛みは止まります。

     「鍼灸が何に効くのか」という疑問には「何にでもそれなりに効くからやってみる価値はありますよ」となります。そして効果の出る病態(病気の症状)とは次のようなものです。

効果の出る病態

  • 病態
    1.筋肉の緊張や凝り
    2.軽い炎症
    3.血のめぐりの異常
    4.むくみ
    5.自律神経の乱れ
    6.神経の麻痺やしびれ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

BBS7.COM
MENURNDNEXT